【サッカー人気3位】マリノスに突き付けられている“現実”。…

サッカーの羅針盤

【古都の紫炎】サンガ福岡慎平は”00ジャパン”同胞・菅原由勢のA代表デビューに刺激:京都の核としてJ1昇格を支える

0−3と負けてしまった試合で福岡慎平は後半から途中出場、アンカーのポジションでサンガに良いリズムをもたらそうとするも、立ち上がりの失点から流れに飲まれる形でチームを勝利に導くことはできませんでした。

「自分たちが点を取りに行きたいなかで、自分たちのミスで失点してしまうと、リズムに持っていけないのはありました」と振り返る福岡ですが、後ろのビルドアップを3バックにまかせながら、なるべく高い位置で2トップとの距離を近くなる様にするなど、パスワークからチャンスメークの流れをよくした部分もありました。

そうしたところから、いかに得点を奪っていくか、逆に自分たちのミスから失点する様なシチュエーションを作らせないかというところはアンカーというポジションもさることながら、もっとリーダーシップが求められてくるところで、庄司、曽根田、仙頭と言った中盤の主力選手に割って入るために重要になってきます。

(残り 760文字/全文: 1152文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック