【サッカー人気5位】地域CL閉幕、マラドーナの死、そして南…

サッカーの羅針盤

【黄色の情熱】ジェフ新井一耀の真価が問われる福岡戦:そこで自分がいいプレーできなければ上にはいけない

水戸相手に屈辱的な5失点負けを喫してから3試合、無失点が続いているジェフユナイテッド市原・千葉。前節はツエーゲン金沢に2−0で勝利し、攻撃面でもポジティブな部分が見られました。

10試合ぶりの出場となった新井一耀は前半13分にやや不用意なイエローはあったものの、粘り強い対人プレーで山根永遠や杉浦恭平を止めて、終盤に登場してきた強力な外国人FWルカオにもチャン・ミンギュ、新井章大と協力しながらゴールを割らせませんでした。

「いつ試合に出てもしっかりとしたプレーができるように、自分のレベルアップを見つめ直してきた」

そう振り返る新井は「センターバックなので相手に最初に強く行く、しっかり弾き返す。もっともっとやれるところがある」と特に意識してきた部分を語ります。

(残り 714文字/全文: 1043文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック