【サッカー人気2位】悪質なスライディングタックルでディエゴ…

サッカーの羅針盤

【J2魔境】[大宮vs長崎]V・ファーレン富樫敬真が持つFWとしての前向きな責務:点が取れてなくて、勝ててない試合はFWに責任がある

V・ファーレン長崎はナクスタで大宮アルディージャと対戦。サイドを起点にチャンスを作るも、なかなか大宮のゴールをこじ開けられず。最後は逆にホームの大宮が猛攻を仕掛けましたが、角田誠のスーパーブロックなど体を張ってゴールを守り切り、スコアレスドローとなりました。

2トップの一角で先発した富樫敬真は前線から精力的なチェイシングでチームのボール奪取を引き出し、攻撃では玉田圭司とともに相手の3バックと駆け引きしながら深みを出しましたが、結局シュートを記録することができず、終盤にイバルボとの交代で退きました。

今季ここまで4得点。横浜F・マリノス、FC東京、FC町田ゼルビアでプレーしてきた富樫は万能型のFWとしてハードワークを前面に押し出したプレーに定評がある中で、シュートを打つ、点を取るという部分で一皮剥けられるかどうかの岐路に立っているようにも見えます。

「大宮は一人一人の能力が高い。好き勝手にまわさせたら相手のペースになってしまうので、前半からプレスをして、蹴らせてマイボールにして攻撃の構築するようにしました」

(残り 916文字/全文: 1372文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック