【サッカー人気3位】全北現代について畠中慎之輔は「簡単な試…

サッカーの羅針盤

公開記事【黄色の情熱】ユン監督に聞くジェフの現在地:時間はかかるけど、我慢強くやっていきたい

ジェフユナイテッド市原・千葉は現在16位。ここのところ守備から攻撃を構築していくスタイルがフィットしてきて、ユン・ジョンファンのスタイルが形になってきていることで、逆に失点リスクにつながるような隙やミスが分かりやすい形で出るようにもなってきています。

次の山形戦に向けても「我々はもっと集中して戦わないといけない」と語るユン・ジョンファン監督に現在地を聞きました。

ーーユン監督はセレッソ大阪やサガン鳥栖というJ1のクラブを率いてきて、J2という舞台でのジェフの現在地をどう見ていますか?

最近だいぶ戦うようにはなってきてますけど、連戦で疲労もたまっている。ハードワークを基本にしていますけど、90分の中で前から行く時と行かない時、試合の運び方を考えながら、攻撃のバリエーションを増やさないといけない。

特にペナやバイタルに入ったときに、個人の技術をもっと高めないといけない。チャンスがないわけじゃないけど、そこで決めること。しっかり決めれば結果につながると思います。

ーーユンさんは監督としてハードワークや堅守のイメージがありますが、現役時代はクリエイティブなテクニシャンでした。そういう感覚がある分、選手たちにどう指導していくかの難しさはありますか?

そんなことはないですけど(笑)。まあ選手たちにはアドバイスはしてるんですけど、それをグラウンドで使えるか使えないか。1個のことを教えても、2つ3つ考えているのかどうか。自分の頭ではないし、ボールの持ち方が全然違うので、そこは選手たちが発展させないといけない。

時間はかかると思いますけど、我慢強くやっていきたい。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック