【サッカー人気2位】長谷川健太監督「(ディエゴは)自分で歩…

サッカーの羅針盤

【古都の紫炎】サンガ安藤淳の思い:目の前の1試合に勝つというのが自分たちの1番の今の使命

京都サンガは首位の徳島ヴォルティスと対戦します。

シーズン終盤になり、京都サンガにとっても非常に難しい時期にある中で、残りの試合をどう戦って行くのか。バックラインの要である安藤淳が厳しい戦いが続く中での思いを語りました。

「4枚(4バック)に関してはキャンプや中断期間のトレーニングでやってたぐらいなので、3バックにくらべて慣れないのはそうだが、準備が足りないとは思わない。カバーとチャンジの中での失点なので、ディフェンスの責任の大きさ、いい展開の中であっさり失点してしまった。ディフェンスのコミュニケーションの1つのミスでの失点。修正しなければいけない」

そう語る安藤は水戸戦で後半の早い時間帯に2失点し、逆転を許した原因に関して「ハーフタイムになった時点から声かけあって、スタートからいい入りをするっていうのを確かめながら入っている」と前置きしながら振り返ります。

(残り 1014文字/全文: 1395文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック