【サッカー人気1位】「練習をコンスタントに重ねていきたい。…

サッカーの羅針盤

【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎フロンターレ、そしてACL

J1は川崎フロンターレが優勝を決め、同時に来季のACL出場権を獲得、天皇杯の準々決勝からの出場も確定しました。

残る天皇杯とACLの出場枠を争う名古屋グランパスは現在3位。ガンバ大阪、セレッソ大阪、鹿島アントラーズとの”直接対決”がなない中で、大分、柏、横浜FC、そして広島と続きますが、1つ1つ勝ち点3を積み重ねて上位を争うライバルより上回っていくことが大事になります。

川崎の優勝についてキャプテンの丸山祐市は「川崎は優勝するなと。途中からするだろうなとわかってましたし、それはシンプルにおめでとうございますと言いたい」と語りながら、自分たちの戦いに集中する意識を示しています。

(残り 1073文字/全文: 1362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ