【サッカー人気3位】J2第34節レノファ山口FC戦 「悔し…

サッカーの羅針盤

【青赤ウォッチ】ACLで効果を発揮する”森重アンカー”と言う選択肢

(写真 ©️F.C.TOKYO)

FC東京はカタールで集中開催されているACLで上海申花との2試合目に勝利。後半にレアンドロと安部柊斗がゴールをあげ、1点返されたものの逃げ切りました。

この試合で存在感を発揮したのが4ー3ー3のアンカーで先発した森重真人でした。第1戦は後半30分から高萩洋次郎とに代わり渡辺剛が投入されるスクランブルな状況で中盤に入りましたが、2試合目はあらかじめアンカーとしてマンツーマンの相手をうまくいなして攻撃の起点になる役割を果たしました。

(残り 1168文字/全文: 1398文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ