【サッカー人気4位】ゲーム形式では新加入選手、ベテラン選手…

サッカーの羅針盤

【サムライ航路】川島永嗣が強豪レンヌ相手に衰え知らずの好セーブ!ストラスブールの守護神へ邁進

【ピックアップゲーム】

リーグ・アン 第12

RCストラスブール 1–1 スタッド・レンヌ

【出場日本人選手】

川島永嗣(RCストラスブール):フル出場

 

ストラスブールはここまで11戦で、わずか2勝と非常に苦しい状況に置かれている。開幕前に正守護神セルスが負傷離脱してからは、開幕後2試合は川島、その後は24歳のカマラがゴールマウスを守っていた。

しかし、前節から再び川島がゴールマウスを守っている。前節モンペリエ戦では、3得点しながらも4失点で敗戦。対戦相手によって戦術を変えることで対応しようとしているが、1点差で敗れての3連敗中であり、勝ちきれないゲームが続く。今節は格上挑戦と言わざるを得ないが、泥沼から抜けるための糸口をつかみたい。

一方のレンヌは115勝で7位につけている。今季はCLにも出場するハードな日程をこなしている。エンゾンジやルガーニ、ダウベルトなどをビッグクラブから補強した一方で、カマヴィンガやドクといった期待の若手アタッカーも揃う強力なスカッドだ。しかし、前々節でパリ・サンジェルマンに敗れてからは、今季初の2連敗を喫しており、こちらも嫌な流れから抜け出そうとしている。

(残り 1161文字/全文: 1658文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック