【サッカー人気2位】【山雅探報】名波浩監督が「史上稀にみる…

サッカーの羅針盤

【J1騒乱】元川悦子と語るゼロックスの川崎フロンターレとガンバ大阪(その1):川崎相手でも機能していたガンバの中盤トライアングル。ここにセジョンがどう入るのか

河治

まずは川崎を今年初めて現場で観てどうでした?

元川

川崎のユースはトップチームと同じサッカーしてるよ。

河治

そっち!(笑)まあ気にはなるけど。

元川

それはすばらしいことだね。長橋康弘さんが監督で、上のやり方を継承して自分たちからアクションを起こす。攻守の切り替え早く前からプレッシング行ってみたいなな感じで。それで中村憲剛が来てるんだって。

河治

ああ、そう。

元川

週に何度か。もう憲剛の言うこと、ボールの持ち方、受け方、自分から受けにいけとかポジションの置き方。それで選手の目の色が変わっているのを聞きました。

河治

これから楽しみですね。仲川輝人や脇坂泰斗、板倉滉、三好康児、田中碧、三笘薫、宮代大聖と大粒な選手が出ているけどトップチームの栄光を考えれば、もっと出て来てほしいと言うのはあるからね。今年は全体的にユースからの昇格が抑え気味で、川崎からは残念ながら0人だったけれど、来年は複数人上がる期待もある。

元川

まあね。特に田中幹大くんはなかなか良さそうだよ。

河治

ゴール決めた選手ね。

元川

そうそう。観た甲斐があったと思った。

河治

でも高校選抜のパフォーマンスは?

元川

確かにあまり良いとは言えなかったよ。でも川崎の技術レベルは高かった。

河治

なるほど。中村憲剛の効果もあるかもしれないけど、プリンスからプレミアに昇格できるようだといいね。結果が全てではないんだけど、やっぱりステージが高い方が良い経験をしていけるのも間違いないので。

元川

そうだね。でもそこは早く行って収穫でした。それでゼロックスだけど、特に知りたいのはガンバの方だよね。

(残り 1244文字/全文: 1905文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ