【サッカー人気3位】清水と浦和に「ロジック」を植え付けたロ…

サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】遠藤保仁が描くジュビロ磐田J1昇格への舵取り:1年間を通して今年は面白かったねと思われるシーズンにしたい

ジュビロ磐田はマサくんこと鈴木政一監督の2シーズン目ということで、J1昇格を悲願として開幕前の最終段階に入ってきています。

「どこのチームも1年間、1月の下旬からずっとキャンプで昨年の反省も踏まえて、同じ監督であろうが、新しい監督であろうが今シーズンに向かってトレーニングしている。相手をしっかり分析した中で、自分たちがやろうとしているサッカーをどうやるか」

鈴木政一監督がそう語るジュビロ磐田の命運を握る一人が遠藤保仁出ることは疑いの余地がないでしょう。

(残り 962文字/全文: 1188文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック