【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

サッカーの羅針盤

無料記事【J1騒乱】注目マッチ湘南vs鳥栖:石原広教&松岡大起カンファレンス要旨

Jリーグは2021シーズンの開幕に向けてオンラインのカンファレンスを実施。湘南vs鳥栖では湘南の3人キャプテンの一人に指名された石原広教と新しく副キャプテンを担う松岡大起が登壇しました。

■カンファレンス要旨

石原広教(湘南ベルマーレ)

「今季は昨年、最下位。本来であれば降格してた。奇跡的にまたJ1で戦えるチャンスをいただいた。昨年と同じような形で終わらせないようにしっかりチームで前向きにやっていく。鳥栖は人に対してすごく強く来る。2試合連続試合をして今までなかなかないような対戦。お互い難しさがあり、両方引き分け。すごい勝ちにこだわってやれてたと思う。そこは気持ちのぶつけ合いになる。気持ちの面でまず負けないようにしたい」

 

松岡大起(サガン鳥栖)

「昨季はホントに自分たちのサッカーを最終的には体現できたが、なかなか自分たちのゲームをしても勝てない時期があったし、目標の順位に届いてない。もっともっと上を目指すべくキャンプからやっていた。開幕戦はすごく大事。勝つために準備した。湘南はプレッシャーがすごく早くて切り替えも早く、推進力や勢いのあるチーム。そこでも負けちゃいけない、速い展開になることが多い。そこはしっかり自分たちのゲームに持って行けるように。先ほど石原さんがおっしゃったように短いスパンン中で試合をしてどちらも引き分け。今季しっかりスタート切れるようにしたい」

 

ーー石原広教選手は3人のキャプテンの一人、松岡選手は副キャプテンになりましたが、リーダーシップを開幕戦からどう発揮していきたいですか?

(石原)「僕は昨季の後半戦はセンターバック。真ん中の一番後ろだと、チーム全体11人がどこにスペースがあってとか見られる。そこでチームとしてプレスに行くためにどうするかのタイミングはしっかり声を出して、プレスに行く行かないをハッキリ伝えることが1つのリーダーシップ。湘南は昔から声を出すのがキャプテンなので、気が抜けている選手はいないと思いますが、少しでも緩いところがあれば背中を押していくことが大事だと思います」

(松岡)「今季副キャプテン。チームとしてしっかり11人が声をかけるところは意識してやってて、自分は誰よりも声を出さないと。それが特徴。しっかりやりながらもチームがうまく回るように最大限やっていこうと思います」

 

ーー自分のここを見て欲しいと言うポイント

(石原)「僕自身で言ったら昨季は沢山のポジションで出たが、J1でよさが出せるのは自信になった。今季はどこで出ても平均以上の力を出せるような、僕自身は出せる自信を持ってる。リーダーシップ含めて出していきたい。

 他の選手は僕はFWの大橋選手が来る。もっと活躍できるなと。理由は昨季、その前のシーズンはケガで泣かされた。今年始まってからすごく100以上の力を出している。得点力は必要。大橋選手はゴールに貪欲。ゴールは特徴。大橋選手が沢山点を取ってくれると期待してます」

(松岡)「昨季は自分自身、ホントにたくさんのポジションを経験。自分が意識して特徴である奪うこと。そこは出てたシーンもあったけど、毎試合出てたわけじゃない。コンスタントに奪うこと出していきたいし。昨季は得点出せなかった。前で決定的な仕事をすることだったりを意識してやってるのでそこは今季見せられるようにしたい・

 注目してるのは、林選手はすごい選手だなと。昨季もそうだし、点とってたし、ゴールに貪欲。練習でも試合でも貪欲にゴールを目指している。去年以上に点を取る。そこにしっかりパスを出すようにやっていきたい」

 

ーー複数のポジションを経験して気づいたこと

(石原)「プロに入ってからはサイドでやることが多くて、昨季は初めてDFラインで試合に出た。センターバックの中央、中というかでもやれるなと。サイドしかやれないっていう感じではなかったので、センターバックでもやれるなと言うのに気付きました」

(松岡)「去年はいろいろ経験させていいただいた中でどこのポジションも、ボランチをやってるとどこもできないといけないなと思うことばっかり、見方がほしいところが分かったりする。そう言う意味でどことは言えないですけど、自分の中ではしっかりボランチで結果を出したい。今年もボランチで結果を出せるようにしたい」

 

ーー石原選手は松岡選手、松岡選手は石原選手の特徴をどうイメージしているのか。対策を教えてください?

(石原)「松岡選手は沢山のポジションでやれる。その中でも奪う、機動力は相手にとってすごく嫌な面。僕たちのチームの選手と対峙してても球際、11はすごく強いなと。僕も後ろから見てすごく思った。奪った後のアイディアだったり前に行く姿勢もあるなと思ってます。そういう奪った後の切り替えもしないといけないなと。対峙する選手にはしっかりと言いたい」

(松岡)「ホントに対戦しててロングフィードやキックが上手。その中でスイッチを入れるタテパスだったり、そういうのは石原選手から効果的に出てる。そこはチームとして警戒しないといけない。そういったところから防げるようにやっていきたい」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ