【サッカー人気3位】リカルド監督が7連戦を戦い抜くために必…

サッカーの羅針盤

【鹿島戦記】三竿健斗キャプテンが描くタイトル奪還のビジョン:矢印を自分たちに向けたい

鹿島アントラーズは清水エスパルスとのホームゲームで2021シーズンをスタートさせます。今シーズンもキャプテンを担う三竿健斗がオンラインのメディア取材で抱負を語りました。

・ここまでの準備

大幅なメンバー変更もなく、去年1年間を戦ったメンバーがベースになる。信頼や結束は強いし、練習から高い強度で全員でいい練習ができている。開幕するからどうこうではなく、自分たちがやることに集中している段階です。

・清水エスパルス

印象としては、僕たちも去年あったように監督が代わって、選手も大きく変わったことで最初の難しさがあると思う。一体感やチーム力は僕らの方が上。ロティーナさんがやっていたセレッソでのプレーが基本になると予測しています。

(残り 831文字/全文: 1140文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ