現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

サッカーの羅針盤

【山雅探報】[レノファ山口vs松本山雅]柴田峡監督:もう少し自分たちの時間帯を作っていかないといけない

松本山雅は維新みらいふスタジアムに乗り込んでレノファ山口と開幕戦に臨みました。

お互いにチャンスがありながら時に決めきれず、また時にGKのビッグセーブに阻まれて0−0に終わりました。最後は岸田和人がゴールしたかと思いきやハンドに。判定は正しかったものの、松本山雅としては冷や汗をかくシーンではありました。

柴田峡監督は守備はある程度できるという自負があるものの、攻撃面でもっとボールを動かしてゴールに迫れるシーンを作って行かないと、ここから昇格に向けての戦いが難しくなることを認識しながら、またトレーニングに向かって行きたいようです。

柴田峡監督(会見コメント要旨)

ボールを握られる時間が多くなり、もう少し自分たちの時間帯を作っていかないといけないというのは大きな反省点だと思います。攻撃のリズムの悪さを守備に持ち込まないということは選手とも確認していた。最後の最後で1回崩れたかなというのはありましたけど、なんとかディフェンスは水際ではしのいだかなと。

(残り 634文字/全文: 1058文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ