【サッカー人気4位】【J2第8節:山形vs長崎】プレビュー…

サッカーの羅針盤

【古都の紫炎】[相模原vs京都]キャプテン松田天馬の覚悟と責任感

京都サンガはアウェーの開幕戦で昇格組の相模原に苦しみながら、後半に松田天馬のCKからバイスのヘッドで先制すると、途中出場の三沢直人が目の覚めるミドルシュートを突き刺して追加点。悲願のJ1昇格へ、幸先の良いスタートを切りました。

湘南ベルマーレから加入し、チョウ監督からキャプテンを任された松田天馬は風がすごかった中で、風下の前半は「我慢の時間帯が続くことは共通意識として持っていた」と振り返ります。逆に後半は「攻撃が1回で終わらないで、2回、3回と続けてできたのが良かった」と語ります。

・開幕戦

立ち上がりちょっと風の強さや相手の戦い方もあって混乱した部分があったけど、すぐ前半は我慢の時間帯だって自分たちで気付けたし、90分間を通して言うと、しっかり戦えたのかなと思います。

(残り 502文字/全文: 838文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ