【サッカー人気2位】「金」では買えない強さがある。クソすぎ…

サッカーの羅針盤

【赤黄の道標】名古屋のキーマン柿谷曜一朗が考える試合のクロージング

セレッソ大阪から名古屋グランパスに移籍した柿谷曜一朗はプレシーズンからハードワークを磨きながら持ち前の技術を発揮して、マッシモ・フィッカデンティ監督の評価を勝ち取り、開幕戦はトップ下での先発出場を果たしました。

「開幕戦というのは両チームうまく行かないことの方が多く、体力的なところや一瞬の技術とかじゃないところが大事になってくるのは分かっている中で、一人一人がカバーし合うことが一番大事とキャプテンのマル(丸山祐市)も声かけをしてましたし、そういう意識で全員が取り組めた結果じゃないかと思います」

そう振り返る柿谷はアビスパ福岡に対して前半から押し込む試合展開につながる精力的なディフェンス、配球が目立ちました。「結果的に前線の選手でゴールを取りきれなかった」と課題はあげるものの、1トップの山﨑と攻撃と守備で良い関係を構築できたことには手応えを感じているようです。

(残り 1122文字/全文: 1504文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ