現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

サッカーの羅針盤

【J1騒乱】鳥栖の闘うCB田代雅也が体感したエヴェラウド

ルヴァン杯の鹿島vs鳥栖はJ1の開幕戦で清水に敗れた鹿島がGK沖悠哉をはじめセンターバックの犬飼智也、キャプテンの三竿健斗、FWエヴェラウドとセンターラインにJ1開幕スタメン組を揃えた布陣で臨みました。

一方のサガン鳥栖は勝利した湘南戦から完全ターンオーバー。栃木SCから加入した田代雅也はキャプテンマークを巻いて登場し、大卒ルーキーの松本大輔とともに、センターバックを組みました。

結果は鹿島が3−0で勝利。田代としては「最低限やらないといけないことはやった」と個人の手応えは得ながらも、チームとして3失点してしまったことに強い責任を感じているようです。

鹿島のエースであるエヴェラウドとのマッチアップに関しても「やる前からすごく楽しみに思っていた1つ。僕としてはすごく充実した時間だったのかなと思います。」と語りますが「点取られたところがすごく悔しい」と振り返ります。

(残り 579文字/全文: 962文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ