0‐7の処方箋(J論)

サッカーの羅針盤

【トリコロール研究所】消えていたわけではない。ダイヤモンド型4ー4ー2で渡辺皓太が描いたイメージ。”ナベコウ・システム”にできるか

横浜F・マリノスはリーグ開幕戦で川崎フロンターレに2−0で敗れてしまいましたが、ルヴァンのグループステージ開幕戦となるベガルタ仙台戦では1−0で、今シーズン公式戦の初勝利を飾りました。

この試合で初めてお披露目となったのがダイヤモンド型の4ー4ー2です。中盤の底に岩田智輝が入り、左右インサイドハーフに樺山諒乃介と水沼宏太、トップ下に渡辺皓太、2トップに前田大然とオナイウ阿道が並ぶ布陣でした。

アンジェ・ポステコグルー監督は従来の4ー2ー1ー2に加えて3バック、さらに今回のダイヤモンドなど複数のシステムを使い分けていくことを宣言しており「今いるメンバーがどの状況なのかを見ながら2、3のやり方でできるように選手たちはなっている。そこを頭に入れて準備している」と語ります。

(残り 1346文字/全文: 1681文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ