現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

サッカーの羅針盤

【J2魔境】[京都vs松本]を松本の元川悦子と激論する(その3):中盤はお互いのアンカーが余り合う構図に。松本がハメに行くか

元川

何れにしても松本山雅の2トップはツインタワーみたいな感じだよね。

河治

今のところそうだね。阪野と国友か、阪野と戸島。ルカオは背が高いだけで実際はスピード系の選手だけど、基本的には攻守の切り替えを早くターゲットマン二人にうまく当てて、短い攻撃時間で前に人をかけて行く。決してタテボンではないけど、ポストプレーは京都以上に攻撃の重要な位置付けだね。

元川

そこから横山くんを入れると明らかにリズムが変わるよね。

(残り 1346文字/全文: 1548文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ