【サッカー人気4位】【J2第8節:長崎vs町田】レビュー:…

サッカーの羅針盤

【赤黄の道標】2連勝のグランパス中谷進之介が語る”ウノゼロ”を楽しむ境地:

名古屋グランパスは北海道コンサドーレ札幌に1−0で勝利。激しい攻防の中、スコアレスで終盤まで進みましたが、後半37分にマテウス を起点とした右サイドから前田直輝のラストパスに左から走り込んだ相馬勇紀が合わせて流し込みました。

そこから三枚の交代カードを使って攻め込んでくる札幌に対しても名古屋は丸山祐市を中心としたディフェンスラインが跳ね返し、終盤に投入された木本恭生の奮闘も加わり、1−0のまま逃げ切りました。

丸山とセンターバックのコンビを組む中谷進之介は「開幕2連勝と言うことで、すごくいいスタートを切れた」と語ります。小柏剛の高速ドリブルに苦しむシーンもありましたが、堅実かつ柔軟に札幌の攻撃に対応し、終盤も持ち前の集中力を発揮していました。

「前半、向こうの勢いというか、相手のマンツーマンに少しやられてしまったところはありましたけど、それは続かないだろうとスカウティングはされていた。耐えた時間帯はありましたけど、欲を言えば自分たちがもう少しボールを持って、ゲームをコントロールする時間が欲しかったなと思います」

(残り 605文字/全文: 1063文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ