【サッカー人気2位】あらためて王者川崎フロンターレとの差を…

サッカーの羅針盤

【山雅探報】野々村鷹人が怪我の橋内に代わり、恩師の前で奮闘:一発目でガッツリ行くのはチョウさんに教わった

京都サンガとアウェーで対戦した松本山雅は守備の要である橋内優也が前半途中でアクシデント。この日ベンチに唯一、本職のセンターバックとして入っていた野々村鷹人が急虚、出場しました。

いきなりイエローをもらってしまいましたが、それも最初にガツンと行く姿勢の結果。その後も臆することなくウタカを中心とした京都のアタッカー陣に挑みかかり、危ないシーンはありながらも無失点に大きく貢献しました。

流通経済大コーチだった京都の曺貴裁監督と奇遇な形での再会となりましたが、曺監督は野々村のパフォーマンスについて「スタートで出てすぐにイエローもらうのが彼らしい」と前置きしながら感慨深げに語りました。

「去年、伊藤敦樹(現・浦和レッズ)とかいる中で、試合出られない時も真摯に取り組んでました。こういう場面で出番が出てくるのは彼らしいし、無骨な選手。頑張ってもらいたい。この試合が0-0で終わったのも彼の奮闘のおかげかもしれない」

 

野々村鷹人

(残り 759文字/全文: 1172文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ