【サッカー人気5位】河田篤秀/巻き返しの救世主へーー。実績…

サッカーの羅針盤

無料記事【ガンバの雷鳴】高木大輔(レノファ山口)からのメッセージ:試合を観てくれるガンバ大阪のサポーターにも頑張ってるなと言ってもらえるように

東京ヴェルディでプロデビューし、2018年からレノファ山口に環境を移した高木大輔は小野瀬康介、オナイウ阿道とともに攻撃をひっぱり、当時のレノファを躍進に導きました。

さらに評価を上げた高木は2019年夏にJ1ガンバ大阪へのステップアップを果たします。しかし、そのシーズンはリーグ戦2試合、2020シーズンはガンバ大阪U−23が参加していたJ3が公式戦の場になっていました。

レノファでの再出発を図る今シーズン、開幕早々に古巣から届いた悲報。高木自身も心を痛めつつも、ガンバの選手たちなら大丈夫だと信じるとともに、試合がなくて寂しい思いをしているガンバのファンサポーターに向けて応援メッセージを語ってくれました。

 

高木大輔

ガンバではすごく苦しかったシーズンでしたし、トップチームでなかなか出られない苦しい時期ではありましたけど、それでもアンダー23で試合に出る場を与えていただいたことにすごく感謝の気持ちがあります。

そこで自分のプレーを観て応援したいと言ってくれる方もたくさんいたので。本当にガンバ大阪には感謝しているし、今こういう状況になっているのがすごく悲しいのはありますけど、いつかは絶対に試合ができると思うので。そうなった時は間違いなくガンバにいる選手たちはすごくいい試合を見せてくれると思います。

それまでガンバの試合が無いからどうしようかなと思った時に、レノファを観てくれるサポーターがいるのであれば僕自身はすごく嬉しいので、そう言ったみなさんに僕が頑張っているところを観ていただけたらいいなと思います。

ーー前に話を聞いた時に声で周りを動かす元気付けるという話を聞きましたけど、ガンバのサポーターもそうですけど、レノファのサポーターにも一番どういうところを観て欲しいですか?

やっぱり点を取るところが一番かなと思います。ガンバのUー23で試合に出ていても、なかなかゴールを取れない時期が続いていたりしたので。最後に点は取れましたけど、それでも高木大輔といえばというのをあんまり見せられていない。チームとしても勝利という結果を得られていないので、自分のゴールでレノファのサポーターもそうだし、試合を観てくれるガンバのサポーターにも頑張ってるなと言ってもらえるようになれたらと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ