【サッカー人気5位】オビが加入し、4人体制へ。【23節まで…

サッカーの羅針盤

【鹿島戦記】白崎凌兵と上田綺世が振り返る柏レイソル戦

鹿島アントラーズは柏レイソルに2−1で勝利。0−0で迎えた後半、一度は上田綺世の見事なゴールで先制するも、ミスパスをかっさらわれる形から仲間隼人に決められて同点に。しかし、ファン・アラーノに代わって投入された白崎凌兵が永戸勝也のマイナスクロスを捉えて勝ち越し、2−1で勝利しました。

なかなか勝てない苦しい状況からの勝利にもザーゴ監督は「繰り返し起きているビルドアップのミスからの失点。そこから落ち着きがなくて慌ててしまったところもあった」と厳しい表情。それでも白崎ら、交代で入った選手たちの貢献を「落ち着きと安心感をあ与えて、その頑張りもあって最後は白崎選手の得点になった」とたたえました。

白崎凌兵と上田綺世の言葉で振り返ります。

 

白崎凌兵

ゴールはカウンターみたいな感じでした。左サイドにボールが渡ったときにちょっと遅れて入っていって、前方にスペースがあったので打てるなと。永戸選手からの軌道まではイメージ通り。シュートは違ったが、勝てて良かった。

(残り 808文字/全文: 1237文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ