【サッカー人気2位】リカルド監督が考える理想のゲームの締め…

サッカーの羅針盤

【代表通信】サガン鳥栖・福井太智:「何もできなかった」ルヴァンからの成長。中村憲剛RMCから教わった止める蹴るのコツとは?

サガン鳥栖からU−17日本代表候補のキャンプに参加している福井太智はルヴァン杯の開幕戦でトップデビューしましたが、リーグ戦で好調のチームは3−0の完敗。前半だけで交代させられた福井も「あの試合はチームとしても個人としても何もできなかった」と振り返ります。

森山佳郎監督は「その後サニックス杯の視察に行って、トップを経験した使命感とかがプレーに表れていたから今回も代表に呼んだ」と語ります。

福井は何もできなかった理由に突いて「やっぱり強度が普段やっていたのと違っていたのが一番大きい」と振り返ります。しかし、その貴重な経験を糧にここまで意識を変えて取り組んだことが今につながっているようです。

(残り 795文字/全文: 1089文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ