【サッカー人気1位】降格圏でも悲観する必要ナシ。3-4-2…

サッカーの羅針盤

【維新の風】浮田健誠の決勝ゴールを分析的に振り返る

ザスパクサツ群馬をホームの維新みらいふスタジアムに迎えたレノファ山口は前半34分に浮田健誠が先制ゴールを決め、そのまま逃げ切って1ー0で勝利しました。

この試合が今シーズンの初先発となった浮田は「もちろん悔しい思いもあったんですけど、出られないのはどこかしらに原因があるので、そこに向き合いながら2、3週間で準備して、監督にも使ってもらえるようになった」と語ります。

右に開いた小松蓮のクロスにファーから勢い良く走り込んで左足で合わせた浮田らしいゴールですが、レノファ山口のチームとしての狙いが見事に体現されたシーンでもありました。

(残り 1002文字/全文: 1266文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ