【サッカー人気1位】降格圏でも悲観する必要ナシ。3-4-2…

サッカーの羅針盤

【湘南戦線】3試合無失点!舘幸希が振り返る対神戸のディフェンス

湘南ベルマーレはヴィッセル神戸を相手にスコアレスドロー。GK谷晃生のビッグセーブに救われたシーンもありましたが、日本代表のFW古橋亨梧を擁する神戸のオフェンス、後半途中からは新外国人のアユブ・マシカが加わった攻撃に対して統率の取れた組織と集中力で無失点に抑えました。

3バック右で奮闘した舘幸希の言葉から、いかに対応したのかを振り返ります。

 

舘幸希

上位の攻撃力ある相手に対してゼロ、そこは自信になる。これを引き分けじゃなくて勝ちに持っていけるように120%の力を出して行きたい。

古橋選手とかスピードのある選手がいて、一瞬の判断ミスで裏というのが彼の特徴なので、縦のコンパクトもそうですけど横の距離もタイトにしていたので、そこまで穴が開かなかった。

(残り 885文字/全文: 1212文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ