【サッカー人気2位】ユンカーのプレーから予想される起用法、…

サッカーの羅針盤

【レノファで学ぶサッカーの視点】なぜ町田戦でロングカウンターからゴールが決まったのか。渡邉晋監督が強調するランニング角度の共有

高井和馬と小松蓮の2ゴールでFC町田ゼルビアに勝利したレノファ山口。敗れた「京都戦から手応えを感じています」という渡邉晋監督はここ2試合で3バックを採用していることについて「必ずしも京都が相手だから3バックにしたわけではなく、ボールを動かしながらゴールに迫るため」と語ります。

そうしたプランの中で臨んだ町田戦も立ち上がりこそ「自分たち側に問題があった」と渡邉晋監督が振り返るように、リスタートの守備で後手を踏み、そこから町田の鋭い攻撃を受けてポストに助けられましたが、自分たちのリスむを取り戻したところから後半の2得点につなげたことはポジティブな評価に値します。

(残り 952文字/全文: 1233文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ