【サッカー人気4位】戸苅本部長「しっかりと課題解決をして、…

サッカーの羅針盤

【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2の行方を占う新潟vs松本[その1]上里(琉球)は本当にすごい選手

3連勝中の松本山雅は首位を走るアルビレックス新潟に挑みます。この大一番を前に、松本山雅とアルビレックス新潟の現在地、勝負のポイントなどを松本が生んだサッカーメディア界の女傑・元川悦子と熱く語ります。

 

河治

序盤戦の躓きから3連勝で追い上げる松本山雅としては本当に大きな試合だし、新潟もここで昇格候補の1つにも挙げられていたライバルになりうる相手を突き放しておく機会ですね。

元川

琉球と京都は結局0−0だったしね。

河治

そうそう。痛み分けで、すごくレベルは高かったけど、結果論として大宮に苦しみながらも勝った新潟が1つ前にでる格好なので、さらに上位のライバルを突き放しに行くタイミングだし、山雅もポテンシャルが無いわけじゃないから、こういう状況で当たって食われると勢い付かせるよね。

元川

まあね。

河治

山雅としては食らい付けば・・・それでも新潟とはまだ勝ち点13だけど、まだシーズン4分の3残すとは言っても、新潟もそうだし琉球や京都、ジュビロ磐田に迫って行かないと、この先が難しい状況になってくる。

元川

そうだね。もし山雅が新潟に勝って、上が足踏みした場合は6位の甲府に並ぶんだよね。そうなると新潟はまだまだでも、京都の背中ぐらいは見えてくる。

(残り 742文字/全文: 1262文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ