【サッカー人気2位】総力結集でポステコグルー前監督退任とい…

サッカーの羅針盤

【維新の風】[決勝ゴール検証]レノファ山口はいかに金沢の”ヤンツーマン”を崩したのか

レノファ山口はアウェーの地でツエーゲン金沢に1−0で勝利。これまで一度も勝ったことがなかった金沢から勝ち点3をもぎ取りました。

”ヤンツー”こと柳下正明監督が植え付けた”ヤンツーマン”に対し、なかなかボールを自由に動かせなかったレノファですが、立ち上がりの5分に初先発の梅木翼があげた先制ゴールを守り切る形で”ウノゼロ”の勝利となりました。

その一度だけゴールネットを揺らした流れはマンツーマンのディフェンスを崩すお手本のようなプロセスでした。マンツーマンの守備はビルドアップから攻撃側に自由を与えず、どこかでミスを誘ってボールを奪うことを主眼としていますが、このシーンではその狙いを逆手に取る形で決定的なスペースを作り、ゴールに結び付けました。

しかも、後方のビルドアップから右サイドを使い、中央、左サイド、最後は中央という流れの中で、ほぼ全員が直接的、間接的に絡んだ美しいゴールで、渡邉晋監督が掲げる自分たちからアクションを起こして相手ディフェンスの背後を取る狙いが見事に表れています。

渡部博文を起点につないだ7本のパスそれぞれの意味と効果を解説します。

 

ツエーゲン金沢

————————丹羽詩温—————–

大谷駿斗—-杉浦恭平————-嶋田慎太郎

————-本塚 聖也—–藤村慶太———–

渡邊 泰基–石尾 崚雅—–廣井友信–松田 陸

———————後藤雅明——————-

 

レノファ山口

———–高井和馬——–梅木翼————–

——————–池上丈二———————

澤井直人—田中陸——–神垣陸—高木大輔

——-ヘナン—–渡部博文—-石川啓人——

——————–関憲太郎———————

(残り 987文字/全文: 1859文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ