【サッカー人気3位】柏に完封勝利 宇賀神友弥は試合出場を目…

サッカーの羅針盤

【フロンターレの論点】ベガルタ戦で垣間見えた、ハマったら危険な川崎の落とし穴

川崎フロンターレはホームでベガルタ仙台と対戦し、2−2の引き分け。開始3分に小林悠のゴールでいきなり先制するものの、その後は鬼木達監督が「相手のいない場所にボールを運んだだけで、強さが足りなかった」と認めるように、ベガルタ仙台の適度にプレッシャーをかけて川崎の攻撃を邪魔する守備ブロックを前に、最初から空いている場所からボールを運ぶものの、そこから先はアウトサイドからのクロスか少し強引なパスがズレてボールロストにつながるシーンが目立ちました。

そうした状況で一度は追い付かれたところから登里享平と三笘薫のホットラインで2点目を奪ったのはさすがですが、最後の最後にマルティノスのスーパープレーで追い付かれて引き分け。勝ち点2を失う結果となりましたが、失った勝ち点以上の落とし穴にハマりかねない”悪い兆候”が垣間見えた試合でもありました。

(残り 2244文字/全文: 2611文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ