【サッカー人気4位】戸苅本部長「しっかりと課題解決をして、…

サッカーの羅針盤

【J1分析】川辺駿の決勝ゴールを検証。広島のビッグカウンターがガンバの守備を破った理由

サンフレッチェ広島は吹田スタジアムでガンバ大阪と対戦。前半は広島がFKから佐々木翔、ガンバ大阪が一美和成のゴールで1−1となりましたが、後半に相手CKからのいわゆる”ビッグカウンター”で勝ち越し、2−1の勝利をあげました。

殊勲のゴールを決めた川辺駿は「いい守備からというのがどれだけ重要かと感じた」と語ります。

ガンバの右からのCKをハイネルがヘッドでクリア。この時点で広島はボックス内に大迫敬介を含む9人が入っており、ライン付近に藤井智也と柏好文がいました。ガンバ大阪はキッカーのチュ・セジョン+6人が攻撃参加しており、カバーは前めが井手口陽介と奥野耕平、その後ろに黒川圭介が構えていました。

(残り 773文字/全文: 1069文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ