【サッカー人気4位】右サイドバックを争う選手が見せてくれた…

サッカーの羅針盤

【大宮アルディージャ】松本山雅戦、勝ちきれなかった中でも見えてきた霜田カラー

大宮アルディージャは霜田正浩監督が就任して2試合目で松本山雅と対戦。ボール保持率で上回り、シュートも15本を記録しましたが、結果はスコアレスドロー。1−1で引き分けた栃木戦に続き、霜田体制での初勝利は飾れませんでした。

それでも徐々に表れてきた霜田カラー。指揮官の言葉で振り返ります。

霜田雅弘監督

チームがこう言う状況ですので、何がなんでも勝ち点3を取りたい、その勝ち点3を取るにふさわしいゲームができたんですけど、なかなか相手のゴールをこじ開けられず、勝ち点1に止まったことは非常に悔しいです。本当に悔しいです。

あんなに頑張ってる選手に勝利という結果で報いてあげたかった。それができなかったのは監督の責任で、ゴールは近づいてますけど、やっぱり勝ち点3を取るには得点を取らないければいけない。攻撃をもっともっと充実させないといけないなと思ってます。

(残り 943文字/全文: 1315文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ