【サッカー人気4位】「たまたま4試合を預かった立場。結果も…

サッカーの羅針盤

【J2箱推し宣言!】大宮アルディージャ松田詠太郎が成長曲線を取り戻すために

霜田新監督が率いる大宮アルディージャは松本山雅とアウェーでスコアレスドローでした。

4ー3ー3の右ウィングで先発した松田詠太郎は馬渡和彰とのコンビでチャンスを作りますが、ゴールに結びつけることができませんでした。

それでも霜田監督に代わって徐々に出場のチャンスを得始めており、SC相模原でブレイクし、復帰した横浜F・マリノスでも鋭いドリブルで注目を集めた当時の輝きが戻ってきた印象もあります。

松田詠太郎

攻撃は基本的に自由にやらせてもらっているので、自分がサイドをとっている時は(馬渡)和くん二だったりが真ん中のポジションを埋めて、ゴール前にどんどん入っていって良いという指示も出ていたので、そこは試合の中で挑戦できて、何シーンか良いチャンスを作れたと思います。

(残り 772文字/全文: 1100文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ