【サッカー人気3位】【直前レポート|第29節・川崎F戦】「…

サッカーの羅針盤

【ジュビロ磐田】レノファ山口との一戦に向かう鈴木政一監督「オンからオフ、オフからオンの判断を共有しつつある」

9連勝を狙うレノファ山口とのアウェーゲームに向けて、現在J2の首位を走るジュビロ磐田の鈴木政一監督が展望を語りました。

 

鈴木政一監督

・前回の2失点

今の我々のディフェンスラインを考えると問題ない。1トップにスピードある高井和馬がいて、サイドからの速いクロスが山口の武器だが、ゴール前のマークを含めて、今の状態でいけば十分に対応できる。個人のオフからオンの判断、ボール状況の変化によるポジション修正など。イメージはオッケーなので、判断の修正は経験を生かしてつなげてくれれば。

・守備の陣容

(3バック右の)森岡陸の出場はちょっと難しい。できれば休ませてあげたいですね。出る選手が個人の特長を生かしてサッカーやってくれれば。

・攻撃面の課題

90分間ゲームを支配して、ゲームをコントロールしながら仕掛けて突破する。ラストパスからフィニッシュといったものをゲームプランの中でできれば。守備で動かされる運動量より、攻撃で運動量を使っていけるようにしたい。

(残り 1465文字/全文: 1888文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ