【サッカー人気1位】今季ラスト10試合が始まる 勝利の流れ…

サッカーの羅針盤

【湘南戦線】古巣アビスパ福岡戦に向けて、石原広教が描く山口智ベルマーレの勝ち方

湘南ベルマーレが山口智新監督になって”初陣”となった大分トリニータ戦は2−0の敗戦。結果として良いスタートは切れませんでしたが、前体制から良くして行こうとするポイントが垣間見えた試合でもありました。

8月下旬の清水戦から3バック右に移った石原広教は浮嶋前監督のもとで作り上げたベースにどういったものを加えて、残る試合で残留以上の勝ち点を積み上げるイメージを描いているのでしょうか。

そして古巣に挑む福岡戦の展望も聞きました。

・浮嶋前監督の辞任

ビンさんのもとで勝ちを積めなかった。去年も最下位で、選手の自分としても申し訳ないです。ただ、勝てた試合はたくさんあったですけど、ビンさんのサッカーをプラスの方向に導けなかった。

でも、このタイミングで替わったことを正解にしないといけない。ビンさんも応援してくれていると思う。ビンさんのためにもここから勝ちをたくさん積んで行く。

(残り 2153文字/全文: 2534文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ