【サッカー人気5位】【代表通信】元川悦子に聞く、U−22カ…

サッカーの羅針盤

【トス研 第17回】数多くゴール前に迫るも、決めきれなかった大分戦を振り返る

サガン鳥栖は降格圏からの脱出を目指す大分トリニータを相手に、チャンスこそ多く作るものの得点にできず、スコアレスドローで勝ち点2を失ってしまいました。

大分の粘り強い守備も目立った試合ですが、ACL出場権を得られる3位が現実的な目標として見える中でも、どれだけチャレンジャーとしての意識を持って、躍動的なサッカーができるかどうかに命運がかかっているようにも思います。

今回は多くのチャンスの中から76分のシーンを抽出しました。

 

分析・河治銀河

 

数的有利を作ったサガン。絶好機をモノにしきれず。

図は一部の選手を省略

台風14号の影響で、1日遅れになったバトルオブ九州。サガンは連勝中ではあるが、紙一重の決着が続いている。フロンターレ、そして直接的なライバルのヴィッセルとの対戦を残す中、上位を目指すうえでは負けられない、シビアな道のりが続く。

(残り 1473文字/全文: 1850文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ