J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

サッカーの羅針盤

【松本山雅】金沢戦で10 人から同点劇も、名波浩監督が「もうプロじゃない。アマチュアの行動だ」と選手たちに伝えた理由

降格圏に沈んでいる松本山雅はツエーゲン金沢を相手に先制ゴールを許し、さらに退場で一人少なくなった状況から、セルジーニョ のFKに榎本樹が高さを生かしたヘディングシュートで追い付いて勝ち点1をもぎ取りました。

しかし、同点後に数的不利にもかかわらず、前がかりのポジションを取っていた背後を取られる形で金沢にポスト直撃のシュートを打たれたことを受けて、名波浩監督がその問題を激白しました。

 

名波浩監督

 

プラン通り、立ち上がりからセカンドひろってワイドというところを徹底できたと思います。大野、それから外山が多かったと思うんですけど、左右から良いクロスも何本か入ってサイド攻撃、セカンドボールを拾って厚みのある二次三次攻撃につなげようという意図はあったなと思います。

相手のオウンゴールになりかけたシーンとか、山口一真が飛び込んだシーンなど、もう少しというシーンはあったんですけど、あそこで1本仕留めたかった。先制しないと我々は、金沢もそうかもしれないですけど、メンタル的にだいぶ落っこってしまうので、前半のうちに先制したかった。

後半は金沢がもう少し出てくるかなと思う中で、相手のスタートポジションが前半と変わらなかったり、もうちょっと後ろだったりして、もっと自陣でつなぐところをもう少し落ち着いてやれたらあの(失点)シーン生まれなかったかもしれない。

(残り 1936文字/全文: 2516文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ