【サッカー人気4位】「“ミクシィ”FC東京vs“メルカリ”…

サッカーの羅針盤

【維新の風】レノファのゴールを守る吉満大介のGK論:シュートを打たれないのが一番

関憲太郎の負傷により栃木戦の途中からレノファのゴールマウスを守っている吉満大介。大きな武器は安定感のあるフィードですが、GKの第一の仕事であるゴールを守る役割でも堅実な仕事でディフェンスを支えています。

これまで控えとしてベンチから関のプレーを観たり、練習から学ぶことも多いようですが、全て真似するのではなく、自分の強みを発揮することで、失点の確率を増やしていくことも心がけています。

その1つができるだけシュートを打たせない、打たれても枠に飛ばさせないということです。もちろん、いざ打たれても守備範囲で止めることが前提になりますが、良い意味でGKが目立たないことは吉満のモットーでもあるようです。

(残り 2123文字/全文: 2420文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ