J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】ジュビロ 鈴木政一監督が語る遠藤保仁の存在感

ジュビロ磐田はFC町田ゼルビアとのアウェーゲームに挑みます。振り返れば、開幕2連敗の2敗目を喫した相手で、しかも攻守両面の強度で上回られたという意味でも、ジュビロにとって苦い経験、しかし貴重な教訓になりました。

「ロングボールから背後への突破で、いい動き出しもある。状況によってはワンツーやパスで崩すこともできる。集中して守備をしないといけない」

そう警戒する鈴木政一監督ですが、攻撃に関しては「サイドの突破もやっているプレーができれば今の選手たちなら点が取れる」と自信をのぞかせます。

そのキーマンが昨年ガンバ大阪ら期限付き移籍で加入して2年目となる遠藤保仁。言わずと知れたプレーメーカーはサッカーをよく知っているだけでなく、41歳ながら守備でも要所の行くべきところでガツっと厳しく行ってボールを奪い取るなど、フィジカル面でも健在なところを示しています。

遠藤保仁の存在感について指揮官が語りました。

鈴木政一監督

(残り 1449文字/全文: 1852文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ