【サッカー人気1位】今季ラスト10試合が始まる 勝利の流れ…

サッカーの羅針盤

【代表通信】オーストラリア戦で重要な役割を果たした守田英正:なにがなんでも勝たせたい気持ちが大きかった

日本代表は2−1でオーストラリアに勝利。南野拓実のクロスからファーサイドで受けた田中碧が先制ゴールを奪い、守田英正のファウルからFKで追いつかれるという、ここまで1勝2敗の日本には厳しい試合展開に。

終盤に浅野拓磨のシュートをライアンがワンハンドでセーブし、こぼれ球をカバーに入ったべヒッチが押し込んでしまうという運も味方に付けた決勝点でしたが、4ー3ー3という森保監督のチームでは初めてスタートから用いたシステムの中で、遠藤航とともに守田英正、田中碧が機能的に仕事をして、試合をうまく運べたのは勝ち点3にプラスして、今後に向けた1つの収穫となりました。

守田英正は試合を振り返りました。

最終予選、前回の活動では正直、スタートから出られない悔しい思いがあって、前回のサウジアラビア戦もスタートから出られない中での敗戦でしたし、1選手として悔しい気持ちもあったし、チームとして負けてしまっていたので、難しい気持ちの中で活動していました。

今回スタートから起用してもらえるということで、なにがなんでも勝たせたい気持ちが大きかったですし、ホームなので、応援してくれてる国民の皆さんに対して、結果で表せたらなと思いました。

(残り 1876文字/全文: 2380文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ