【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

サッカーの羅針盤

【維新の風】[分析記事]水戸戦、桑原海人の幻ゴールに見えた名塚スタイル

レノファ山口は下関に水戸ホーリーホックを迎え、激戦の末に2−2の引き分けとなりました。レノファの2ゴールは直接FKから池上丈二、CKからへニキが記録。いずれもセットプレーからでしたが、名塚監督が掲げるアグレッシブに厚みのある攻撃を繰り出すスタイルが発揮されたのが、オフサイドの判定で取り消された桑原海人のゴールシーンです。

1−1で迎えた前半42分でした。ビルドアップから相手陣内の右サイドで川井歩がボールを持ちます。水戸は中盤3枚と4バックの綺麗な2ラインを同サイドにスライドさせてきました。

(残り 888文字/全文: 1134文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ