今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

サッカーの羅針盤

【ガンバ大阪】鳥栖戦のヒーロー宇佐美貴史が語る、勝利のための割り切り:共通理解を持てれば、相手がうまいチームでも勝ち星を付けられる

ガンバ大阪はサガン鳥栖に1−0で勝利、残留に大きく前進する勝ち点3を手にしました。決勝ゴールは「ロストフの14秒」もビックリのCKの裏側からのロングカウンターで、東口順明から山本悠樹のパス、宇佐美貴史のシュートまで鮮やかなラインが描かれるようでした。

この試合のガンバは守ってもコンパクトな陣形を敷きながら、前からプレッシャーをかけるところ、ブロックで跳ね返すところが整理されており、浦和レッズ戦の前半に見せたように有利な立ち位置を取られてゴール前で体を張るしかないと言うこともなく、東口のビッグセーバーとしての仕事が限られたのは守備が機能していた証拠でしょう。

そしてボールを奪ったら最初に鳥栖の背後を狙い、セカンドボールを拾ったら初めてボールを動かすと言った徹底した攻撃思考をピッチに立っている選手全員が共有していたように見えます。そう言った戦いができた理由を勝利のヒーローである宇佐美貴史が語りました。

 

宇佐美貴史

(残り 926文字/全文: 1339文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ