【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

サッカーの羅針盤

【山雅探報】[元川悦子と激論]松本山雅の危機的状況に警鐘を鳴らしたい(その1):山雅から失われた「勝負の神は細部に宿る」

河治

泣いても笑っても残り6試合。松本山雅は最下位ですけど、最初に正直なところを言うと、いわゆる残留争いをしている下位クラブで現状、松本山雅より状態が悪いチームは1つも無いよ。

元川

そりゃそうでしょ最下位なんだから。

河治

今の順位もそうだけど、要するにチームの機運だったりとか試合のエビデンスも含めて、順当に行ったら松本山雅は J3に降格するよ。

元川

まあ、そうだろうね。不本意ながら。

河治

そこを現場の人たちがどれだけ認識してるのかって言ったら偉そうだけど、実際に多くのファンサポーターだって、そう言う危機感は持ってるはずだよ。このままやっていれば流れが好転して、昇格を手繰り寄せられるなんて思ってる人がどれだけいるか。もちろん残留を信じてる人はいっぱいいると思うけど、そのためには漫然とこのままやっていたら今の順位通りで、結果も手繰り寄せられないよ。

元川

確かにね。

河治

まず6ポイントゲームの1つだった前節の群馬戦の整理を簡単にしたいんだけど。

(残り 820文字/全文: 1237文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ