【サッカー人気5位】両監督の狙いが出た試合、松本山雅戦

サッカーの羅針盤

【山雅探報】続・超崖っぷち!松本山雅の残留条件:神様、仏様、宮崎様

J2で最下位の松本山雅はアウェーでヴァンフォーレ甲府と対戦。伊藤翔と阪野豊史、二人のFWのゴールで2度も追い付きながら、サイドの対応ミスが出たところからゴール前で浦上仁騎に競り負けて、決勝点を決められました。

「前日、北九州が勝っていたのでしがみつく、3ポイントしか考えてなかった。こういったゲームで1も取れなくてショック。10 試合、15試合前に、こういう試合を増やさないといけなかった。ただ1点返し、2点返し、(勝負の)時間を長くできたことに関しては決して下を向く必要がない」

名波浩監督はそう答えて、前を向くしかないことを強調しましたが、本当に追い込まれてきたことも確かです。

一方で残留争いのライバルを見ると、週末の試合で勝ち点3を積み上げたチームは高橋大悟のスーパーゴールでレノファ山口に勝利したギラヴァンツ北九州だけ。

(残り 1727文字/全文: 2088文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ