【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

サッカーの羅針盤

【維新の風】これでは来季の昇格なんて望めない。残留に大きく前進も、ダイナミックさに欠けた松本戦を振り返る。

レノファ山口は松本山雅とサンプロアルウィンで対戦。後半29分に安東輝の突破からセルジーニョ に決められましたが、渡部博文のゴールで1−1に追い付きました。

試合展開としては苦しい状況から勝ち点1を掴み取った試合ではありますが、山口の地元メディアからも名塚監督が就任して最も内容の悪い試合として記されたように、その通りの試合となってしまいました。

この日のレノファはダイナミックさに欠けました。松本は5バック気味に構えながら、榎本樹と伊藤翔の2トップを張らせて、シャドーのセルジーニョと河合秀人がシンプルに仕掛けていく戦い方で、レノファがボールを握っても、レーンが埋まっている状況で攻め手を困らせてきました。

もともと松本山雅が5枚気味にしてくることは予想できた中で、試合前には横に振って相手のディフェンスをズラして縦を突くというイメージを選手たちに植え付けていたはずですが、前半はそうしたプレーを全く出せませんでした。

(残り 356文字/全文: 1658文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ