【サッカー人気3位】【マッチレポート】J2-15[H] 水…

サッカーの羅針盤

【J2箱推し宣言!】元代表の高度な対決。磐田戦でザスパ細貝萌が肌で感じたヤットさん&今ちゃん

J2昇格を果たしていたジュビロ磐田はザスパクサツ群馬とアウェーで対戦。試合はスコアレスドローに終わったもののJ2優勝が決まりました。

選手やスタッフ総出で群馬までやってきたというジュビロ。鈴木政一監督に代わり指揮をとる服部年宏コーチは「試合中に、私のところには全然情報を入れずに目の前の試合、勝ち点3を狙っていた。勝ちさえすれば優勝と分かっていた」と振り返りますが、前半の風下と後半の風上がはっきりした環境で、ジュビロらしさをあまり出せなかったゲームであることも確かです。

遠藤保仁は「前半は風下で失点しなければいいと思っていた。後半はできれば点をとりたかったが、今日みたいなゲームもある」と振り返りました。それでも「今シーズンの目標だった昇格と優勝が最大限の目標だったので満足してます」という遠藤は日本代表やガンバ大阪の同胞である今野泰幸とのボランチコンビに関して「特に問題なくやれていた。風が強い中で、できれば下でつなぎながら、相手もうまく守備をしてきたのであまりリスクを冒さずにプレーしていました」と語ります。

遠藤は普段通り冷静に振り返るものの、岩上祐三とともに中盤で対戦した元日本代表の細貝萌は二人の凄さというのを改めて感じたようです。

細貝萌

(残り 666文字/全文: 1189文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ