【サッカー人気2位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】遠藤保仁に聞くジュビロでのJ1チャレンジ:「J1はそんなに甘くない」

遠藤保仁がJ1の舞台に帰ってきます。青黒のユニフォームで数々の伝説を打ち立ててきた「生けるレジェンド」ですが、さらに続いていく遠藤保仁のページに、サックスブルーを着て挑む2022シーズンはどう描かれていくのでしょうか。

始動日の練習後に聞きました。

ーーヤットさん的にはJ1を知り尽くすてますけど、経験の無い選手たちもいる中で、どういうメッセージ、プレーで伝えていきたいですか?

基本的には肌で感じるのが一番だと思うので、J1を経験している選手も多いですし、新加入選手を含めて少しでもいいチームにしていくためには全員が努力しながら、自分が手助けもしながら、パフォーマンスを上げていければいいなと思うので。試合で感じながらいいものを作り上げていければいいかなと思います。

(残り 905文字/全文: 1236文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ