【サッカー人気5位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

サッカーの羅針盤

【鳥栖研究2022 vol2】キャンプイン直前、川井健太監督に聞く:今年の鳥栖を観て前に理解するべき「走り勝つ」の意味

1月8日から川井健太体制で新チームを始動させているサガン鳥栖は新体制発表会を終えて、沖縄でキャンプをスタートさせます。合宿は新型コロナウイルスの蔓延を受けてメディアも原則非公開となってしまいましたが、川井健太監督がキャンプに向けた現在の心境と展望を語りました。

筆者の質問を含めて、取材を通した川井健太監督の言葉を分かり易く解釈できるようにまとめました。

川井健太監督の言葉

新型コロナウイルスによる離脱者が出たが、今シーズンこのような状況になる可能性がある。想定内で進めています。1週間でチームの顔、輪郭を作ることができた。今参加している選手はこう言う形を作って行くと言うことでは満足しています。

(残り 1520文字/全文: 1816文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ