【サッカー人気5位】アディショナルタイムの被弾。ゲームマネ…

サッカーの羅針盤

【進化する補強リスト2022】横浜F・マリノス編1/16:”左の小池”がもたらす効果

2021年は不測の監督交代もあった中で、終盤まで健闘も結局は王者から大きく引き離されての2位。カップ戦も含めて無冠に終わりました。タイトル奪還に向けて、いかなるスカッドで臨むのか。

吉尾海夏(←FC町田ゼルビア)レンタルバック

ベガルタ仙台で1年、町田で2年の”武者修行”を経ての華麗なる帰還。ベガルタでは前半戦から主力に定着も、怪我で後半戦を棒に振る不運がありました。しかし、町田でさらなる成長を遂げて、2021シーズンは10得点10アシスト。左足のミドルシュートは出色で、パスからイメージしていた以前より積極的な姿勢が見られました。

(残り 2793文字/全文: 3059文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ