【サッカー人気1位】課題になる作りの“コストダウン” 水を…

サッカーの羅針盤

【J激論】山雅、水戸、そしてマリノス。セルティックでいきなりゴールした前田大然の成長を語る【1】

河治

前田大然がいきなり結果を出したけど、まあさすがというか。光り輝いていたよね。

元川

頭が?

河治

プレーがだよ!あとゴール。観なかった?

元川

観たよ!

河治

じゃあ、最初にそっちだって認識してくれよ。見た目が光り輝いてるのはいつもだよ。谷口彰悟が24時間365日イケメンなのと一緒。大然はいつも輝いてるんだよ。だけど素晴らしいゴールだったね。

元川

そうだよ。

河治

ポルトガルを経験しているけど、今回はマリノスでちゃんと地盤を作って行ったからね。

元川

ソリさん(反町康治JFA技術委員長)とオマーンで話した時に私が「ダイゼン、得点王取れますよ」って言ったら「松本であんなボール来たかお前」って言われて。

河治

はあ・・・

元川

あんなボール出すやついたかって。

河治

まあいないでしょうね。水戸の方がいたぐらい。

(残り 1707文字/全文: 2048文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ