サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】鈴木海音、近藤壱成、速水修平。U-21代表vs大学選抜でジュビロファミリーが感動の再会。いつかヤマハで。

2024年のパリ五輪を目指すU−21日本代表は全日本大学選抜と対戦。35分×2本で、2本めに2ゴールをあげた全日本大学選抜が勝利しました。

この試合でU−21日本代表の1本めに、ジュビロ磐田から育成型期限付きでJ2の栃木SCに移籍している鈴木海音、2本めは大学選抜で磐田ユース出身のGK近藤壱成(法政大学)と速水修平(常葉大学)が出場して、勝利に貢献しました。

試合後には鈴木海音が大学側のベンチに駆けつけて、旧交を温めていた3人の選手たち。近い将来、ヤマハスタジアムで再集合を果たす世界線を願って、フォトアルバムをお届けします。

(残り 708文字/全文: 971文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ